後処理方式高精度測位システム

ドローン測量業務におけるKLAU PPK活用検証データ

    2019/09/06掲載 検証場所:日本国内 検証協力:株式会社岩測設計様

    KLAU PPK活用事例

    ① 危険箇所での測量(GPSが補足出来ない箇所)
    ② 広大な範囲の測量(標定点数の低減)
    ③ JR線路等の測量 (保安体制を不要にする)

    空撮機材(メイン)

     DJI Matrice 600 Pro
    DJI Matrice 600 Pro

    - KLAU PPK UNIT for M600
    - Zenmuse Z15-A7
    - Sony α7R (3640万画素)
    - Sony SEL35F28Z(単焦点35mm)

    ①危険個所での測量(GPSが補足出来ない箇所)

    PDMスノーシェッド上
    ・地上ではGPSを補足できない
    ・オーバーハング等あり
         ↓
    ・測量鋲を設置(座標・標高なし)
    ・対空標識設置
          ↓
    ・KLAU PPKにて写真座標算出
    ・SfMソフトにて処理
    ・測量鋲の座標・標高決定
         ↓
    ・地上3Dレーザの基準点として使用
    ※測量鋲の相対距離・比高を確認の上使用。

    ②広大な範囲の測量(地形図作成)(標定点の低減)

    ・東京ドーム 13.7個分の広さ
    ・UAV を用いた公共測量マニュアル ➡ 標定点:39点 / 検証点:20点
    ・KLAU PPKと併用 ➡ 標定点: 16点
    ・高さの誤差
     計測最大:10cm程 
    ※ 等高線の精度を大きく 損なわない程度と判断

    データ処理機材

    ワークステーション:DELL T7610
    CPU:Xeon E5-2687W v2 ✕2
    物理コア:16
    理論コア:32
    GPU1:GEFORCE GTX 1080 Ti
    GPU2:GEFORCE GTX 980
    メモリ:128GB
    SfMソフト: MetaShape(旧PhotoScan)
          Pix4DMapper

    まとめ

    ・標定点の設置が困難な現場でも一定の精度を確保した作業が可 能。(今まで出来なかった事が可能になった。)
    ・業務の条件によっては、標定点を大幅に削 減し、低コスト、  工期の短縮が可能となる。
    ・空撮後のデータ処理時間の短縮が可能。
    (一眼レフカメラ等)

    検証データ提供企業様

    株式会社岩測設計
    〒957-0123 新潟県北蒲原郡聖籠町二本松1870
    TEL : 0254-27-3241 /FAX : 0254-27-3243
    E-mail: info@iwasoku.com

    Scroll to Top
    Share via
    Copy link
    Powered by Social Snap