送電線保全業務⽀援

ドローンを使った3Dデータ構築からクラウドによる情報共有まで

本ソリューションは、鉄塔および送電線と樹⽊との離隔状況の把握を⽬的としており、UAV(ドローン)にレーザスキャナ(LiDAR)とRGBカメラを搭載し計測します。これにより、有人航空機を使ったデータ取得⼿法と比べて、特定箇所のより⾼精細な3Dデータを簡便に取得することができます。併せて、取得されたデータは当社の「地理空間情報プラットフォーム4DLink」を介して3Dデータのオンライン納品を行い、現況や伐採前後の変化を関係者と情報共有すると共に、既に利用されている設備資産管理システムと連携することでメンテンナス分野のDXを実現します。

『送電線・保全業務⽀援ソリューション』について

本ソリューションは、ドローン計測による3D計測とデータ化、地理空間情報プラットフォームによる自社システムの3D化にいるデジタルツインの実現推進の2つから構成されています。

参考価格

ドローン計測(3D計測・データ化・オンライン納品)の場合

1区画‐お試しパッケージ
 ※1区画400〜600mを想定
 ・納品物⼀覧
 -RGB三次元点群・写真データ・地形データ(グランドデータ)※オプション
 -デジタル写真地図 (オルソモザイク)※オプション
 価格:50万円〜

詳細内容や価格が掲載された資料がフォームよりダウンロードできます

「地理空間情報プラットフォーム4DLink」とは?

当社開発の地理空間情報プラットフォーム4DLinkは、特別なソフトウェア無しで、ブラウザにより地図上に配置したデータを確認、ダウンロードできる環境を提供します。3Dデータのオンライン納品、情報共有、そして、既に利用されているシステムと簡単に連携できる機能があります。

4DLink 総合トップページはこちら
4DLink.Biz/GISプロセッシング・クラウド特設サイトはこちら
4DLinkCloud特設サイトはこちら


まずは、フォームよりお問合せください。
資料はフォームご登録後、ダウンロードいただけます。

Scroll to Top
Share via
Copy link
Powered by Social Snap