地理空間情報プラットフォーム
4DLink

基本機能


地理空間情報を活用した業務に利用される2D・3Dデータ

デジタルツイン構築から調査測量のデータ納品まで幅広く活用!

※ 基本機能以外に、クラウドストレージ/シミュレーション 等の機能を搭載しています。詳細はお問い合わせください。

1. アップロードし集積

2. 複数のデータをビューイング

3. 関係者がダウンロード

基本的な技術要素


デジタルツイン構築から調査測量のデータ納品まで幅広く活用!

※ 基本機能以外に、クラウドストレージ/シミュレーション 等の機能を搭載しています。詳細はお問い合わせください。

① レイヤー(階層)構造の提供

多様・複数の2D・3Dデータをレイヤーとして重ね合わせる構造を提供します。この構造をグループとして統合、さらに3つの上位階層までグルーピングすることで、多様で大量のデータを、エリア・時系列ごとに集積し、4D(4次元)としての管理を可能にします。

② 多彩な位置情報の同時表示

国内外の多様な座標表記を持つ2D・3Dデータを、座標表記を変換することなく、同一レイヤーグループ(階層)に取り込むことが可能です。これにより、GISの専門知識を意識せず、2D・3Dデータを地図上に配置をすることができます。

③ 誰でも利用できるUI

GISの開発、管理、保守を行う技術者から、実務の運用を行うオペレーター、そして、利用者 まで、それぞれの知識、利用シーンに合わせた独自のUI(ユーザーインターフェース)を備えています。これにより、2D・3Dモデルの利用が格段に拡がります。

④ 柔軟なコンテンツマネージメント

地理空間情報を扱うために特化したCMS(コンテンツマネジメントシステム)により、柔軟な機能拡張とシステムのスケーラビリティを実現します。これにより、多様なマップサービス、データサービス、他社システムとの連携を、機能拡張として実現でき、GISを再開発する必要がありません。

主な対応ファイル


※ 対応ファイルは常に拡充しております。お問い合わせください。

製品・サービスラインナップ


地理空間情報プラットフォームの世界標準CesiumJSに、技術者だけでなく誰もが利用できるユーザビリティを追求した独自のUIそして多様化/複雑化するITインフラ・ソフトウェア・サービス利用のためのコンテンツマネージメントシステムを融合しました。

地理空間情報を構築・活用環境を提供する4DLinkラインナップ

4DLink GISプロセッシング・クラウド

2D・3Dデータのタイリング、ファイル変換など専門性が必要な領域に、高いパフォーマンス と 処理の自動化を提供し、3Dモデルの提供者・利用者がGISの知識を必要とさせないオペレーション環境を実現させるパブリッククラウドです。

4DLink.Biz

GISプロセッシング・クラウドと連携し、地理空間情報の2D・3Dデータの ①アップロード ②統合ビューイング ③ダウンロード  に関して自由な操作とセキュアな閲覧を実現するフロントエンドサービスを提供します。

4DLinkCloud

4DLink GISプロセッシング・クラウド / .Biz の機能を、手軽なサブスクで提供します。
 ・データがあれば即利用可能
 ・個人利用から企業利用までカバー

Scroll to Top
Share via
Copy link
Powered by Social Snap