インフラ構造物

SkyLink Japanでは、ドローンを活用した近接目視によらない点検ソリューションを提案し、 法定点検が義務付けられている橋梁やダムの点検の省人化と効率化を実現します。

お客様の事業での課題


課題

インフラ設備の老朽化により短い間隔での点検が必要で、点検回数が増えている

課題②

竣工から年数を経るほど、点検が必要な箇所も増えていく

課題

一方、少子高齢化で点検業務に携われる人員は減少している

課題

近接目視の代替となる質の確保が必要である

ソリューション


ドローンだから、足場を組まずにすぐに点検!

これまでは足場を組み近接目視が必要であった現場も、ドローンで点検することで、足場を組む必要がなくなります。また、高解像度のカメラをドローンに搭載することで、離れた場所からの撮影でも目視に劣らない高画質のデータを取得可能です。

経験豊富だから、最適な機材の選定、航行撮影プランの提案が可能

ドローンによる点検で近接目視に劣らない質を確保するには、撮影データ処理・解析の前提として、解析に必要な条件を満たした撮影データが揃っていることが必要です。SkyLink Japanのスタッフは現場を熟知しているので、点検対象物の特性や、現場毎に異なる環境に合わせた航行撮影プランを、案件ごとにご提案可能です。

高度な技術を有するパイロットだから、不測の事態でも安心

自動航行でのフライトを予定している現場でも、突風や通信の途絶など、予想外の状況が生じる場合があります。突発的な事態発生時にも安全な航行のできる高度な技術を有するパイロットを派遣いたします。

資格者がいるから、卓越したデータ処理技術で支援

ドローンで撮影した高精細・大容量撮影データは、そのままでは、AIなどでの診断ができません。自動化処理等に相応しい状態に、撮影データの処理を行います。

ラボがあるから、裏付けのある点検結果の品質を保証

SkyLink ラボでは新しい機体・カメラ・ハードウェア等の導入時に精度検証をしており、必要とされる精度を保った検査結果を提示できます。

ソリューション活用のメリット


オペレーション

人手不足問題の解消

超高画素カメラのドローン搭載により、広範囲の高解像度での撮影を短時間で実施でき、 人員削減・作業時間短縮が可能となる

テクニカルサポート

安全性の向上

重機利用やロープワークが不要になることで作業現場でのアクシデントのリスクを減らせる

アプリケーション

コストダウン

人員削減・作業時間の短縮によるコストダウンの実現

コーディネート

品質管理

システムでデータ管理することによる点検結果の品質安定

データ資産活用

データドリブンな保安の実現による、劣化状況の時系列変化の比較・集積活用など、企業資産の形成が可能

Scroll to Top
Share via
Copy link
Powered by Social Snap