SkyLink Collegeとは

SkyLinkが提供する定期開催のオリジナルウェブセミナーサービスです。
ドローンを初めてご利用になるお客様から、すでに現場で運用いただいているお客様まで、どなたでもご参加いただけます。
セミナーではリアルタイムの質疑応答を設け、お客様の疑問をその場で解決いたします。
SkyLinkの知識と技術で広く皆さまをサポートさせていただきますので、お気軽にご参加ください。

ウェブセミナーの内容

・Mavic MiniやMavic 2シリーズの紹介や比較
・航空法をはじめとしたドローンにまつわる法律
・ドローンのセルフメンテナンス
・Osmoシリーズのカメラ講習
etc,,,

SkyLink Care加入者に嬉しい特典

SkyLink Japanオリジナル機体保守プラン『SkyLink Care』に加入者限定でお得にウェビナーにご参加いただけます。


定員優先 完全無料 メルマガで内容をまとめた資料配布
定員優先 基本無料(有料回は割引) -
一般のお客さま - 基本料金(有料回は通常料金) -

お申し込み

Q&A

「ものづくり補助金」の採択率はどの程度ですか?
関心度の高い補助金のため、例年採択率約30〜40%程度の狭き門です。昨年(平成30年度)補正予算1次公募の採択率は全国平均約50%、2次公募は35.1%でした。
「ものづくり」とありますが、製造業以外でも申請可能でしょうか?
商業、サービス業でも申込み可能です。対象経費品目は、弊社取扱のドローン以外ではソフトウェア等も適用されますが、当該事業で使用する品目である必要があるため、詳しくはお問合せください。
派遣されるコンサルタントの実績はどのようなものですか?
平成29年度補正予算1次公募、2次公募8件、平成30年度補正予算1次公募11件全て採択(採択率は100%)のコンサルタントを中心に派遣いたします。補助金サポートのコンサルタント2名体制でサポートいたします。
申請書だけでなく、提出に必要な事業計画書の制作もサポートしてもらえますか?
国家資格を持つ経営コンサルタント(中小企業診断士)でもある担当者が、事業計画書作成支援(申請書作成代行)まで行います。
補助金・助成金を受給できる時期はいつになりますか?
国からの補助金は、事業完了後の後払いとなります。そのため、お客様の立替払いが半年〜約1年程度発生いたします。
補助金申請サポートサービスの申込みにあたり、条件などはありますか?
下記の内容を予めご確認ください。

1. 補助金申請サポートにあたり、ヒアリング等にご協力ください。
2. 申請サポートサービスの着手金は前払いとなります。お振込と契約書締結でサポートを開始いたします。
3. 国からの補助金は、補助金の立替払いの目処が立っている必要があります。そのため、必要に応じ金融機関から借入が可能であることを確認ください。
4. 決算書を2期分(損益計算書、貸借対照表、管理費明細、製造原価報告書)ご用意ください。
5.大手企業から1/2以上の出資を受けていないこと。
6. 大手企業から派遣された役員が1/2を占めていないこと。
7. 中小企業の定義に当てはまること
【中小企業要件】製造業は資本金3億円又は従業員300名以下、サービス業は資本金5,000万又は従業員100名以下など
8. 暴力団など、反社会的勢力関係者ではないこと。
9. 税金の未払いがない、滞納がないこと。

簡単なアンケート(要望など)にご回答いただきましたら今後のウェビナーの参考にさせていただきます。
ご協力よろしくお願い致します。
アンケートはこちらをクリック(グーグルフォーム)